ホーム > シートのオーバーホール

シートのオーバーホール

FIAT500用 シートのオーバーホール 1

sheet01 sheet02 sheet03
長年の使用により、ヘタリきってボロボロのシート。
今回は、このシートをオーバーホールします。
(L,Rタイプ用リクライニング機構付フレーム)
シートの裏側です。
フレームも錆がひどく、あんこもボロボロになり、シートレールも歪んでいます。
生地を全てはがし、フレームのみの状態にします。
はがれていた溶接部分は、全て元通りに溶接し補強しておきます。
sheet04 sheet05 sheet06
酸素でシートレールを温めて歪みを修正し、ボディに取り付けた時にシートがスムーズに動く様にします。 シートスプリングはサンドブラストで錆を綺麗にはがし、リペイントします。折れているスプリングは新品に交換、又は修理します。 フレーム本体は、カップブラシで錆を綺麗に落としリペイントします。
sheet07 sheet08 sheet09
ペイント完了!
シートフレーム本体のオーバーホールが終わった状態。
裏側までこの様に綺麗に仕上げます。 先程の仕上げておいたスプリングをフレームに取り付けます。スプリング同士をワイヤーで結束し、座面の強度をアップさせます。
sheet11 sheet12  
その座面にあんこ増しをし、さらに座り心地を良くした上でシート生地を張ります。 全ての工程が終わり、完成した状態。
(フレームは、L,Rタイプですが今回は生地の仕上げはFタイプ仕様です。)
 

 

お問い合わせ